業務提携
新たなビジネスを開拓!
ビジネスマッチング

今注目のビジネスマッチングとは?

ビジネスマッチングとは、企業が持つ技術、生産力、販売チャネルなどの拡大を考える時に、その能力や経営資源を持つ企業との商談の場を設けることで業務提携や受発注につなげるしくみです。

例えば「技術Aに自信を持っているが、新たな取引先を開拓したい」と考えている企業と「新たな商品開発のために技術Aを持つ事業者を探している」と考えている企業や、「Bを生産する設備をもつ」企業と「Bを使用する製品の増産を速やかに行いたい」企業など、ニーズが合致した企業同士がアライアンスを組むことで、互いに事業拡大のチャンスをつかむことができます。

業務提携は、資本提携やM&Aと違い、資本関係を持ちません。提携した両社は独立した企業として協力関係にあり、経営資源を相手に提供しながら自社でも継続して同じ経営資源を活用できます。契約が終了すれば提携の解消も可能です。

ビジネスマッチングを行う方法

ビジネスマッチングにはさまざまな方法があります。

一般的なのは展示会やビジネス交流会などに参加する方法です。展示会や交流会ではその場で商談ができるというメリットがあります。ただ、開催日や開催場所が限られているため、希望する時や場所に参加したい会を見つけられないこともあります。また、新型コロナウイルスの流行により、開催規模の縮小や、入場が制限されている場合もあるようです。

その他には、金融機関や自治体などに仲介を依頼する方法があります。地元企業で協業相手を探す場合などに有効です。特に金融機関は互いの企業をよく知っていることから、近年積極的にマッチングを行うところが増えています。

また、ビジネスマッチングの事業者に依頼する方法もあります。インターネットを活用したウェブサービスは場所や時間にとらわれずに、提携先を探している企業の情報にアクセスする手段として最近注目を集めています。

ビジネスマッチングのウェブサービスについて

ウェブサービスを利用したオンラインでのビジネスマッチングは、事業を売り込みたい側、探している側の両方がサービスに情報を登録し、その情報にアクセスすることで、ニーズに合う企業を探し出します。

ビジネスマッチングサイトを利用するメリットは、

  • 展示会などの開催を待たずに相手先をすぐ探せる
  • 技術や事業が欲しい側、売り込みたい側のどちら側からもアクセスできる
  • 掲載されている情報から提携先をじっくり検討できる
  • 自社から離れた場所にある企業の情報も入手できる

などがあります。
思い立った時にすぐアクションを起こせるビジネスマッチングサイトは、コロナ禍においてもスピーディーにより良い提携相手を探すためのツールとして活用されています。

MUFGが提供するビジネスマッチングサービス「Biz MATCHING」

三菱UFJ銀行の法人向けウェブサービス「MUFG Biz」では、ビジネスマッチングのサービス「Biz MATCHING」を提供中です。

Biz MATCHINGでは、専門性の高いニーズの把握力、信頼できる人づてネットワーク網、使いやすい候補企業選定ツールに強みを有し、これまでに多数のビジネスマッチングを支援してきたマッチングサービス大手のLinkersと提携。ものづくり企業に向けた、技術パートナー探索やユーザー開拓など、ビジネスマッチングを軸にしたさまざまな課題解決のお手伝いをしています。

Biz MATCHING の仕組み

MUFG Bizにはその他にもオンラインで銀行からの通知物を確認できる「BizSTATEMENT」や、各種変更に関する必要書類をいつでもWebで取得できる「Biz 諸手続」、オンライン融資「Biz LENDING」など、経営の効率化に直結する便利なツール、ソリューションがそろっています。
今なら無料で登録が可能です。この機会にぜひMUFG Bizにアクセスしてみてください。